2005年1月start!【自動車リサイクル法】

自動車にもリサイクル法があるのを知っていましたか?

日本では、1年あたり約360万台もの車が廃車になっています。

車はもともと鉄やアルミなどの金属が多く使われているためリサイクル率が高く、総重量の約80%がリサイクルされ、残りの20%はシュレッダーダスト(車の解体・破砕後に残るゴミ)として主に埋め立て処理されていました。

しかし、このような処理法では次のような問題が生じるようになってきました。

・埋め立て処分スペースが残りわずかとなったことや、埋め立て処分費用の高騰などの原因により、不法投棄・不適正処理の問題。

・カーエアコンに利用されているフロンガスなどがきちんと処理されていないと、オゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こしてしまう。

・車をリサイクルするにあたり、爆発性のあるエアバック類を安全に処理するためには専門的な技術が必要とされる。

これらの問題を解決するために2005年1月から「自動車リサイクル法」がスタートしたのです。


「自動車リサイクル法」とは・・・・・・・・・・

①自動車メーカー・輸入業者に、シュレッダーダスト、エアバック類、フロン類の取引・リサイクルを義務付けています。

②その処理費用は、リサイクル料金として、車の所有者が負担することになっています。

③このリサイクル料金は、廃車になるまで、資金管理法人(自動車リサイクル促進センター)が預かり、厳格な管理を行っています。
また、関連事業者などにおける廃車のリサイクルの実施状況などについては、情報管理センター(自動車リサイクル促進センター)が的確に把握・管理することになっています。

歯科医師 求人

大阪 SEO

福岡 温泉

ペット葬儀尼崎

合法ハーブ 通販